プロフィール

奥野 義典 (おくの よしのり)

saxophonist   1962年2月11日生まれ  北海道小樽市在住

 

青森県弘前大学Jazz研究会にてSAXを手にし音楽活動を始める。その後上京、松風鉱一氏に師事。サラリーマン生活をしながらセミプロのジャズミュージシャンとして演奏活動を続けていたが、97年日本最大級のジャズイベント「横濱ジャズプロムナード」に初出演後、満を持して脱サラ、プロ転向。トップミュージシャンとの共演を重ねる。

道外での主な共演者は…渡辺貞夫、渋谷毅、峰厚介、池田芳夫、板橋文夫、林栄一、小山彰太、廣木光一、ヤヒロトモヒロ、加藤真一、羽生一子、飯田雅春、江藤良人、野瀬栄進など。

道内のジャズフェスティバルにも多数参加し、「北海道に奥野あり」の実力を見せつけた。ときに豪快にブロウし、ときに繊細に歌う演奏スタイルは自由奔放そのもの。ジャズ・インプロビゼイションの神髄を堪能させてくれる。

他ジャンルのアーティストとのパフォーマンスの機会も増え、活動の幅を広げている。2007年9月、タップダンサー熊谷和憲、パーカッショニスト ヤヒロトモヒロとの~Tap the Music・北海道ツアー~にも参加、好評を博す。

2013年2月 渡辺貞夫氏を音楽監督に招き、立ち上げられたBIGBAND「Sapporo Jazz Ambitious」では1stアルトを担当。2014年、引き続き音楽監督がアレンジャー、ピアニストのDavid Matthewsに代わり、「Sapporo Jazz Ambitious 3rd」として継続中。

2013年10月、横浜市にて毎年開催されている「横濱ジャズプロムナード」にもMizuhoグループにて久しぶりに出演を果たす。

近年は自己のカルテット、デュオの他、立花康彦(ベース、リーダー)小山彰太(ds)とのユニット「T・K・O」での活動も積極的に展開中。

 

これまでに3枚のリーダーアルバムをリリース。

2008年5月「赤い月」 2001年「奥野特別/HEAVEN HILL」 98年「ライブイン・アケタ/奥野義典スペシャル」

アルトサックスをメインにソプラノ、テナーサックス、フルートを吹き分けるマルチリード奏者でもあり、北海道にあってトップレベルの演奏活動を続ける稀有で貴重なアーティストである。